木工品

倉敷エリア|工芸品

こだわりに応えられる匠

織機、糸車等製造、和額製造

手先の器用さが原点

 竹泉堂は樋口桂市によって創業されました。桂市は腕の良い大工でしたが、戦争によって傷病し、終戦後は木工品の製造を手掛け、手織り機とその付属部品を主に製造します。
 現在は、2代目の正和が昭和52年(1977年)より跡を継ぎ、伝統工芸品の製造を行っています。

こだわりにお応えする

 2代目の正和は、自動車会社を退職し、先代に師事して「民藝」の世界に入ってからは、全てを「見よう見まね」で覚えたそうです。
 そもそも、手織り機もその付属部品も基本的に設計図が無く、また、受注品であるため、依頼主の希望が多く入るなか、臨機応変な対応が必要だからだそうです。  竹泉堂の手織り機は、遠州(静岡県)の機織り機(はたおりき)が基本となっているそうで、主に晒(さらし)を織るタイプです。山陰地方の絣(かすり)織りや、京都の西陣織り、大島紬(つむぎ)とは織り機が違いますが、作家のリクエストに応じて織機の制作をおこないます。
 正和は「手織り品を制作される方々を応援するためにも、また、代々家業として営まれている方々のためにも、自身の体が続く限り、製造を頑張りたい」と語ります。
(2013.10)

団体名

竹泉堂

所在地

倉敷市南町2-8

電話番号

086-422-6618

代表者

樋口正和

ポイント

注文生産による手織り機及び付属品を製造

ホームページ

http://www.kct.ne.jp/~higuti/