花田食品のお菓子(おかき・せんべい・ポリジュース)

玉島エリア|菓子類

地元に愛される商品、そして小さな子供たちにも安心して食べられる商品づくりを目指して

地元調味料会社とのコラボ商品をはじめとする昔ながらの素朴なおかきやポリジュース、アトピーの会と共同で開発した美味しくて安全なお菓子を揃えています。

花田食品のお菓子のはじまりは、「アイスキャンディ」だった

 カリッとしたおかき、そして子どもでも安心して食べられるお菓子を製造している花田食品株式会社。戦後間もない昭和22年(1947年)に花田武吉(はなだぶきち)氏によって創業されました。現在の玉島通町商店街の一角でアイスキャンディを製造・販売。その後、主力商品はアイスクリーム、ポリジュースへと変わり、地元の子どもたちに愛されていました。しかし、アイスクリームの需要は夏が中心のため、冬でも売れる商品として昭和30年代から「おかき」の製造・販売を開始しました。それが今でもずっと作り続けている「おかき」「大判」「横綱一番」の3種類のおかきです。  現在はおかき類だけでも15種類以上があり、その中でも平成24年(2012年)11月に発売された「塩だれ味 おかき」と「塩だれ味 横綱一番」は「玉島の味をスナック菓子に」という思いから、玉島の老舗調味料製造販売会社である豊島屋(てしまや)の商品「塩だれ」の味を再現した商品です。
 「塩だれ味のおかきを作るまでにはいろいろな苦労がありました」、と現・代表取締役の花田義久氏は笑顔で語ります。美味しいカリッとした、かつ塩だれ味のおかきを作るまでには苦労もあったそうですが、兵庫県内のシーズニングメーカーと相談しながら、何度も分析、試作を重ね出来上がったといいます。

全国から注文が入る、子どもに優しいポリジュース

 花田食品株式会社はおかき以外に、ポリジュースも製造・販売しています。数種類あるポリジュース(通称「チューチュー」、「ポッキン」)の中で、最も花田食品株式会社らしい商品が「りんごちゃん」(昭和63年/1988年発売)と「ぐれーぷる」(平成6年/1994年発売)です。  果汁100%を使用し、砂糖も添加物も一切入っていない自然な味が特徴の「りんごちゃん」と「ぐれーぷる」は花田食品の殺菌技術のノウハウを活かした、子どもに優しいお菓子です。
他にも製造している「ぽんぽんせんべい」と「ぽんちゃんミニ」は、岡山県産のうるち米のみを使用し、さらに低アレルギー米と呼ばれる酒米にすることで、添加物に敏感なお子さんでも食べやすいおせんべいです。世代を超えて多くの家庭で愛されています。
(2013.09-10)

団体名

花田食品 株式会社

所在地

〒713-8102 倉敷市玉島1-14-5

電話番号

086-526-5141

代表者

花田義久(代表取締役)

ポイント

岡山県内はもちろん、北は青森~南は九州までのスーパーで購入可能。電話・FAXでも注文可能。

ホームページ

http://www.hanadafoods.co.jp/