圓通寺から眺める玉島の港町の風景

玉島の歴史について。

 その名の通り、江戸時代初期までは多くの島が点在する遠浅の海だった玉島。1600年代に備中松山藩主・水谷(みずのや)氏の大規模な干拓事業による新田開発で、現在の倉敷市玉島地区の平野部のほとんどが干拓されました。1671(寛文11)年には、現在の市街中心部となる羽黒神社と柏島北東を結んで長さ約400m、幅約50mの汐止め大堤防が築かれ、海側で千石船(北前船)の着く港の普請が始まりました。また、丘側の舟溜まりでは、備中の産品を積んだ無数の高瀬舟が荷降ろしを始め、堤の上に商港の町屋敷割りが形成されました。

なぜお茶文化が根付いたの?

 海上交通の要衝として、また周辺で栽培が盛んであった綿花の他、ニシン粕などの取引でも繁栄した玉島。富裕な町人たちの間に文化の華が開き、商談や接待に京好みの茶をたしなんだことから、特に茶の湯が盛んになりました。全盛期には400ほどの茶室があったといわれ、今でも往時の旧家には茶室が残っています。

お茶とお菓子に受け継がれる歴史。

 いまでも玉島では茶会が盛んで、良寛さんが修行したことで知られる円通寺では、1949(昭和24)年から毎年、満開の桜のもとで「良寛茶会」が行われています。表千家、裏千家、藪内などの各流派の茶席が設けられ、岡山四大茶会(*)のひとつとなっています。
 商店街にある老舗の茶舗や菓子匠。そして、おはぎや大判焼、あんパンなどの製造を続ける庶民派の甘味店の人気も根強く、こんなところにも玉島の歴史文化と茶の湯好みの奥深さを感じます。

(*)…岡山四大茶会とは、県内の様々な流派が一堂に会する茶会で、良寛、栄西、最上稲荷、黒住教の各茶会のことをいいます。

お茶文化関連スポット

松濤園しょうとうえん

創業約130年。「一から手作り」に
こだわる、素材重視の和菓子。

倉敷市玉島中央町1-12-18 電話番号 086-526-7655
営業時間 8:30〜18:00
休み なし 駐車場 6台

器楽堂老舗きらくどうろうほ

7代目親子が営む老舗の茶室で、
伝統文化を気軽に体験して。

倉敷市玉島中央町1-17-5 電話番号 086-522-2309
営業時間 9:00頃〜19:00頃
休み なし 駐車場 要問合せ

お茶の樋口ひぐち

本物のお茶のおいしさを伝える、
地域のサロン的存在。

倉敷市玉島中央町1-12-2 電話番号 086-522-2907
営業時間 8:30〜18:30 休み 日曜
駐車場 7台

オリンピック商会しょうかい

80年愛され続ける「夫婦焼」。
懐かしい味わいにほっこり。

倉敷市玉島3-1-1 電話番号 086-522-2511
営業時間 10:00〜18:00 休み 木曜
駐車場 なし

玉井堂本舗たまいどうほんぽ

150年の歴史を誇る
アーケード街の老舗。

倉敷市玉島2-6-14 電話番号 086-522-2251
営業時間 9:00〜18:00 休み なし
駐車場 3台

甘党の店 やまと

40年以上愛されている名物おはぎ。
客足が途絶えない人気店。

倉敷市玉島中央町1-8-14 電話番号 086-522-5055
営業時間 9:00〜16:00 ※売切れ次第終了
休み 水曜 駐車場 7台

築山製つきやませいパン所

100年以上の伝統を守り、
昔ながらの製法でパンを手作り。

倉敷市玉島中央町1-5-8 電話番号 086-522-3608
営業時間 13:00頃〜19:00頃 休み 水曜、日曜、祝日
駐車場 なし

倉敷市玉島のご当地キャラ たまべえ

周辺マップ