倉敷地区

白壁土蔵のなまこ壁に、軒を連ねる格子窓の町家、柳並木が連なる倉敷川沿いの風景・・・情緒豊かな美しい町並みが続く倉敷美観地区。江戸時代には「天領」として栄え、明治時代以降も、倉敷商人の活躍により、発展を続けてきました。江戸・明治の歴史と和風・洋風建築が見事に溶け込み、日本遺産にも認定された倉敷美観地区の町並みを、空からおさんぽしてみませんか。普段の散策では見ることのできない景色から、倉敷の新しい魅力を発見できるかも!

倉敷地区の風景写真

空から見てみよう

倉敷地区を空から見た動画を再生する

動画の主な撮影スポット

児島地区

瀬戸内海国立公園の美しい内海風景が広がる児島地区。瀬戸内海の絶景だけではなく、「繊維のまち」として、古くから繊維産業が発展し、全国シェア7割を誇る学生服や軽くて丈夫な「帆布」などの生産のほか、「国産ジーンズ発祥の地」としても知られています。本州と四国を結ぶ世界最大級の橋「瀬戸大橋」や、広大な敷地面積を誇る国指定重要文化財「旧野﨑家住宅」も、空から見ればその姿を見渡すことができます。ドローンならではの空からの映像で、ぎゅっと詰まった児島地区の魅力をご紹介します。

児島地区の風景写真

空から見てみよう

児島地区を空から見た動画を再生する

動画の主な撮影スポット

×