特集 建築×アート×グルメのプチトリップ 児島・倉敷に残る 塩飽大工の名建築を訪ねて Shiwaku Architecture

塩飽大工の歴史と建築をたどる瀬戸内トリップへ。

塩飽大工とは、腕の良さで名を馳せた塩飽(しわく)諸島出身の大工の総称です。江戸時代から明治時代にかけて、中国・近畿地方の沿岸部を中心に活躍。船大工で培った高い技術力を生かし、社寺や民家など数々の建築を手掛けてきました。緻密で躍動感あふれる彫刻と、アールを付けた木材を巧みに扱う木組みの技に秀でており、建築から100年以上経つ今も当時と変わらぬ姿をとどめています。
北前船の寄港地として栄えた児島地区や、古くは海に囲まれていた倉敷地区にも、塩飽大工が手掛けた社寺が点在しています。いずれもコンパクトに見どころが集まり、1日かけてめぐるのに最適。見事な建築美を眺めたり、児島・倉敷のグルメやアートを楽しんだり。カメラを片手に、瀬戸内が育んだ建築美をたどるプチトリップに出かけませんか。

Check!

「瀬戸内国際芸術祭 2016 秋会期」も
合わせてめぐってみては?

2016年10月8日〜11月6日

「瀬戸内国際芸術祭」とは、瀬戸内の島々で開催される現代アートの祭典。本島では塩飽大工をテーマにした作品があり、芸術祭終了後も展示されます。児島に点在する飽大工建築の見学の前後に、本島へも足を運んでみるのもいいですよ。

塩飽大工ヒストリー

岡山県と香川県の間に浮かぶ大小28の島々からなる塩飽諸島。その中のひとつ・本島(ほんじま)は、塩飽水軍の拠点として栄えた島です。豊臣秀吉・徳川家康から領地を与えられ、幕府の御用船・御用船方にも任命。どの大名にも属さず独自の自治を確立し、全国でも珍しい海運王国を築くまでに。廻船業の隆盛は造船技術の発展につながり、多くの船大工を輩出しました。
しかし、江戸時代中期に廻船運航権を大坂の廻船問屋に奪われると、本島の廻船業は衰退。それに伴い、船大工も活躍の場を失い、宮大工や家大工へと転身しました。活躍の場を海から陸へと移し、塩飽大工としての新たな歴史がこうして始まったのです。

倉敷・下津井・本島の位置

塩飽大工と建築美をめぐるモデルコース

弘泉寺(こうせんじ)

塩飽名工による荘厳な建築は必見!。

真っ先に訪れたのは、正応年間(1288~1293年)創建の古刹。総社市「備中国分寺五重塔」や香川県にある「善通寺五重塔」などを手掛けた名工・橘貫五郎による山門は、1828(文政11)年に寄進されたもの。貫五郎26歳の時の作品で、初代の作品が残るのは貴重と言われています。また、1827(文政10)年に再建された本堂も塩飽大工によるもので、随所に散りばめられた緻密な彫刻美は必見です。本堂の基礎に用いた基壇(石のこと)は、海を隔てて取り寄せたもので、今も塩を吹いているといわれます。

DATA

住所倉敷市下津井田之浦2-3-22
TEL086-479-9236
  1. 写真:山門
  2. 写真:建設の日付や大工の名前が書かれた当時の棟札
  3. 写真:本堂の内部の様子
  4. 写真:本堂の木鼻
  5. 写真:本堂の木鼻
  1. 01.山門を抜けて本殿が鎮座する境内へ。
  2. 02.建設の日付や大工の名前が書かれた当時の棟札。下部に塩飽大工の文字がしっかりと残る。
  3. 03.本堂の内部の様子(月1回不定期で公開)。天井絵も見事。

匠の技にクローズアップ! 山門には波間を飛ぶ兎の彫刻が。波の彫刻も、島出身の塩飽大工の特徴のひとつだそう。

匠の技にクローズアップ! 本堂の木鼻(柱から突き出た部分)に飾られた獏。目にガラス玉を用いた精巧な造り。ユーモラスな表情にも注目を。

匠の技にクローズアップ! 本堂の木鼻には「籠彫(かごぼり)」という技法の彫刻を発見。外側だけでなく内側にも透かし彫りを施し、立体的に仕上げている。

徒歩5分

観音寺薬師堂(かんのんじやくしどう)

塩飽諸島を見渡す高台の寺院。。

次に向かったのは弘泉寺からほど近い場所に建つ、児島八十八ヶ所第32番札所である観音寺。石段を上がると瀬戸大橋と塩飽諸島の島々を眼下に望む境内が現われます。その一角に、塩飽大工が手掛けた薬師堂が鎮座。1731(享保16)年に建てられたもので、緻密さが光る彫刻が随所に。塩飽諸島が織り成す絶景と、塩飽大工の彫刻美を一度に楽しめる高台の寺院です。

DATA

住所倉敷市下津井吹上1-2-12
TEL086-479-9496
  1. 写真:薬師堂
  2. 写真:薬師堂からの眺望
  3. 写真:本堂への石段
  1. 01.簡素で厳かな佇まいの薬師堂。
  2. 02.眼下に下津井の町並みと瀬戸内の島並みが広がる。
  3. 03.石段を上って本堂へ。
レッツゴー! 精密な彫刻美にうっとり♪

車で約5分

祇園神社長浜宮(ぎおんじんじゃながはまぐう)

「下津井の祇園さま」として親しまれる。

北前船や参勤交代の港町として栄えた下津井で、古くから「下津井の祇園さま」で親しまれている名社。長浜宮と祇園宮の2つの御本殿を持つ珍しい形式で、長浜宮が塩飽大工の手による建築です。1804(文化元)年に改築された長浜宮御本殿は、塩飽棟梁7人が腕を振ったといわれ、中央が弓型になった唐破風造りの屋根、緻密で精巧な彫刻などに、高い技術力と美意識がうかがい知れます。

DATA

住所倉敷市下津井1-13-16
TEL086-479-9468
詳しく見る
  1. 写真:東本殿の長浜宮
  2. 写真:高台からの眺望
  3. 写真:拝殿正面にかかる社名額
  1. 01.東本殿の長浜宮は室町時代に水軍の将が創建し、長濱大明神と称された。
  2. 02.室町時代の遺構と伝わる古城址に建つ名社。高台に建ち、眺望も抜群。
  3. 03.拝殿正面にかかる社名額は、中川一政画伯によるもの。

匠の技にクローズアップ! 長浜宮に設けられた立体的で迫力ある彫刻に注目。

車で45分

ちょっと足をのばします!

阿智神社(あちじんじゃ)

鶴形山山頂に建つ、倉敷の総鎮守。

最後に訪れたのは、標高43mの鶴形山の山頂に鎮座する阿智神社。創祀1700年を超える古社で、境内には磐境(いわさか)・磐座(いわくら)と呼ばれる多くの石組みが点在し、神秘的な雰囲気が漂います。参道入り口に建つ随身門(ずいしんもん)と、拝殿と御本殿の間に設けられた瑞門を、塩飽大工が手掛けたと言われています。瑞門は1879(明治12)年に建替が行われました。

DATA

住所倉敷市本町12-1
TEL086-425-4898
詳しく見る
  1. 写真:参道入り口に建つ随神門
  2. 写真:拝殿と御本殿の間に設けられた水門
  1. 01.神域に邪悪なものが入り来るのを防ぐといわれる随身門。
  2. 02.写真中央に映る、唐破風の屋根を設けた扉が瑞門。

匠の技にクローズアップ! 随身門の梁に設けられたユーモラスな表情の兎。

匠の技にクローズアップ! 細かなところにまで意匠が施されている点にも注目。

匠の技にクローズアップ! 美しいアール形の屋根。船大工で培った技術力の高さがうかがい知れる。

周辺は観光スポットが充実してます 大工さんの技に感動!

建築鑑賞の前後に、ココにも立ち寄り

下津井の寄り道スポット!

見る

むかし下津井回船問屋(むかししもついかいせんどんや)

北前船で栄えた下津井の歴史を知る。

江戸時代から明治時代にかけて、北前船の寄港地として賑わった当時の回船問屋を復元した資料館。母屋やニシン蔵などに生活用品や商いにまつわる品々を展示し、下津井の歴史と文化をわかりやすく紹介。食事処や海産物販売所も併設しています。

DATA

住所倉敷市下津井1-7-23
TEL086-479-7890
営業時間9:00~17:00(最終入館16:30)
入館料無料
定休日火曜(祝日の場合は翌日)
詳しく見る
  1. 写真:むかし下津井回船問屋 外観
  2. 写真:むかし下津井回船問屋 内観
  3. 写真:むかし下津井回船問屋 内観

見る

吹上美術館(ふきあげびじゅつかん)

現代アートを紹介する私設美術館。

館長や学芸員はおらず、地元の人やアーティストの協力によって運営する私設美術館。1階では新進気鋭のアーティストによる個展を季節ごとに開催するほか、2階では全国・国際的に活躍する、倉敷・岡山にゆかりのある作家の作品を常設展示。

DATA

住所倉敷市下津井吹上1-3-9
TEL050-6865-2539
営業時間土・日曜の10:00~17:00
入館料500円(小学生以下は無料)
定休日月~金曜
HP吹上美術館
  1. 写真:吹上美術館 外観

買う

港町 下津井 磯乃羊羹本舗 田中花正堂(みなとまち しもつい いそのようかんほんぽ たなかはなまさどう)

1910(明治43)年創業の老舗和菓子店。

名物は、創業者によって考案された「磯乃羊羹」。風味豊かな青のりとミネラル天然水を使った本練羊羹は、鮮やかな緑色が印象的で、まろやかな甘みと磯の香りが自慢。北海道産小豆餡がたっぷり詰まった「ふる里最中」も人気です。いずれも保存料を使わない、自然な味わいが魅力です。

DATA

住所倉敷市下津井吹上2-4-36
TEL086-479-9171
営業時間10:00~17:30
定休日月曜、第2・4日曜
詳しく見る
  1. 写真:磯乃羊羹本舗 田中花正堂 外観
写真:磯乃羊羹

めぐり方の強い味方

塩飽大工のふるさと・本島への定期船。

本島航路

JR児島駅から徒歩5分の場所にある児島観光港と、塩飽大工ふるさとの本島を結ぶ定期船。運航中に瀬戸大橋をくぐり、下から見上げる橋の迫力は圧巻。一日4往復し、片道約30分。

DATA
TEL086-473-6777(児島観光港)
HPむくじ丸海運

児島地区を循環するループバス。

下津井循環バス「とこはい号」

JR児島駅を起点に、児島・下津井・鷲羽山地区を1時間かけて1周するループバス。1区間160円~260円。便利でお得な1日乗り放題券510円もあり、バス車内で購入可能です。

DATA
TEL086-472-2811(下電バス児島営業所)
HP下津井循環線 とこはい号

下津井

倉敷

Copyright © Kurashiki City Co., Ltd. All Rights Reserved.