KURASHIKI'S SIGHTSEEING CONVENIENCE INFORMATION倉敷観光 便利情報

主要駅からの所要時間

  • JRおでかけネットはこちらから
  • 児島インターチェンジから車で約10分

周辺路線図

鷲羽山・瀬戸大橋エリア概要

  • 歴史

    1934(昭和9)年、日本初の国立公園に指定された瀬戸内海国立公園内で、優れた自然景観を保持しているとして「特別地域」に指定された鷲羽山は、江戸時代から天下の絶景として名を馳せてきた景勝地。また西日本で最初に注目を集めた旧石器時代の遺跡の一つで、平安時代の神社が鎮座しています。その西側中腹には、着工当時では、世界最先端の科学技術を駆使して1988(昭和63)年に完成した瀬戸大橋の鷲羽山トンネルが南北に貫通。自然景観を損なわないように上段を道路、下段を鉄道が通る、世界初の2階建て4つ目トンネル方式を採用しています。

  • 特産品

    鷲羽山が位置する下津井は漁業の町。目前に広がる瀬戸内海の速い潮の流れにもまれて身が引き締まった魚が揚がり、美味と好評です。全国的に知られる干しダコは冬の風物詩にもなっています。他にもメバル、ママカリ、タイ、サワラ、ワカメ、メカブなど、年間を通じて海の幸が豊富で、町内の漁協朝市やふゅ~ちぁ~(岡山県漁業連水産物展示直販所)などで購入できます。鷲羽山にちなんで名づけた漆器工芸品、鷲羽彫は独特の味わいが楽しめます。

  • 特徴

    児島半島の最南端付近に広がる鷲羽山(海抜133m)は、鷲が羽を広げたような形に見えることが名の由来です。花崗岩の風化によって造形された景勝地として知られ、その名勝は遊覧船から見られます。近年は瀬戸大橋や瀬戸内の多島美を一望できる絶好の展望地として人気を集めています。鷲羽山麓に位置する橋のたもとから見上げる瀬戸大橋の大迫力の眺めも格別です。