知れば知るほど魅力発見 歴史スポットへ

歴女が案内! イラスト:歴女

歴史的建造物ウォッチング

公開しています!

文化財に登録されている貴重な建築物を、資料館や美術館、飲食店として開放している施設をご紹介!

イラスト:歴女

旧野﨑家住宅(きゅうのざきけじゅうたく)

江戸時代後期に製塩業で財を成し、「塩田王」と呼ばれた野﨑武左衛門(ぶざえもん)が建てた邸宅。1833(天保4)年から寛永年間にかけて次々と建物を築きました。約3000坪もの広大な敷地に建物延床面積1000坪におよぶ建造物が連なります。

  1. 写真:長屋門
  2. 写真:表書院
  3. 写真:来賓用の表玄関
01. 長さ25mもある「長屋門」は、1838(天保9)年に竣工したもの
02. 表書院は野﨑家の中心となる建物で、上の間・下の間・茶室等からなる広々とした造り
03. 来賓用の表玄関。板壁・天井板は杉板を軽く焼いて年輪を目立たせており、材料へのこだわりが感じられる
歴女memo

門の両側が長屋になっており、そこに使用人を住まわせていた「長屋門」。精密に積んだ石垣の上に建てられ、右に桃座敷、左に南座敷を設けた桁行25mにもおよぶ立派な門は、江戸時代の大庄屋建築のなかでも、とくに壮麗です。

イラスト:歴女

長屋門をくぐると、普段用の内玄関と、来賓用の表玄関が。さらに進むと、来賓の応接に使われた表書院が現れます。目の前には枯山水の庭園が広がり、黒松、楓、さつきなどの草花が四季の移ろいを告げてくれます。庭園には3つの茶室を設け、来賓をもてなしたといいます。

  1. 写真:表書院内部
  2. 写真:臨池亭
01. 表書院内部は立ち入り不可。外から見学を楽しもう
02. 敷地内に建つ茶室のひとつ、臨池亭(りんちてい)。
石と苔を配した庭のほとりに建つ
歴女memo

明治時代になると、当時は珍しかった電灯をいち早く導入。自家発電所を設け、独自に電力を確保したというから、驚きです。

イラスト:歴女

野﨑家の住まいの中心となる主屋は、敷地の北側に位置します。9つの座敷を連続させた42mもの長さを誇り、その姿は圧巻です。隣接するように、「商人のお城」とも言われる土蔵群が6つも連なり、野﨑家の栄華ぶりがうかがい知れます。
一部の建物は、資料館や塩作りの体験施設として活用されています。

  1. 写真:内蔵、大蔵、書類蔵、新蔵、岡蔵
  2. 写真:お駕籠石
  1. 01.南から内蔵、大蔵、書類蔵、新蔵、岡蔵と並び、さらに内蔵の後ろに夜具蔵が建つ
  2. 02.表書院の前に置かれた立派な「お駕籠石」
歴女memo

枯山水に施された、見事な石組み。長径約3.3mもあるこの石は「お駕籠石」と呼ばれるもので、来賓客が乗ってきた籠を置く場所として使われていました。武左衛門が最初に築いた野﨑浜塩田によく似た形の石を、わざわざ探してきて置いたといわれています。

詳しく見る イラスト:歴女

大橋家住宅(おおはしけじゅうたく)

江戸時代後期に塩田・新田の開発で財を成した大地主の住まい。1796(寛政8)年から約3年の歳月をかけて築かれた建物は、「なまこ壁」「倉敷格子」「倉敷窓」など、倉敷の町家ならではの意匠が随所に見られ、倉敷町家の典型的建造物と言われています。主屋、長屋門、米蔵、内蔵の4棟が重要文化財に指定され、倉敷で唯一、町家全体を公開しています。内部には、かつての日用品や家財道具などを展示し、往時の栄華を今に伝えます。

  1. 写真:「南配水樋門」の見事な石組み
  2. 写真:整備された配水池。市民の憩いの場として親しまれている
歴女memo

とくに注目したいのが「長屋門」。武家や豪農しか設置できなかった貴重なもので、大橋家の名声と格式の高さがうかがえます。

詳しく見る イラスト:歴女

児島虎次郎記念館(こじまとらじろうきねんかん)

倉敷アイビースクエアに建つ児島虎次郎記念館。大原美術館の礎となるコレクションを集めた児島虎次郎の、初期から晩年に至るまでの作品を収蔵・展示しています。また隣接するオリエント室では、児島が収集した古代エジプト美術や中世イスラム美術などを所蔵・展示。倉敷紡績の倉庫として1906(明治39)年築の建物は、寄棟桟瓦葺の屋根に赤レンガ造り(一部木造)が印象的で、国の有形文化財にも登録されています。

住所倉敷市本町7-2
(倉敷アイビースクエア内)
TEL086-422-0005
営業時間9:00 ~ 17:00
定休日月曜日(祝日は開館)
HP児島虎次郎記念館
  1. 写真:児島虎次郎記念館
  2. 写真:「二」と「○」を3つ組み合わせた、倉敷紡績のマーク
歴女memo

レンガ造りの平屋の入口には、擬石洗い出しのアーチが。「二」と、「○」を3つ組み合わせた、倉敷紡績のマークを見つけることができますよ。

倉紡記念館(くらぼうきねんかん)

倉敷紡績(クラボウ)が創立された1888(明治21)年の翌年に、原綿貯蔵用倉庫として建設。木造レンガ造りの平屋で、屋根は寄棟桟瓦葺、外壁は白漆喰塗で仕上げられており、和風の外観になっていますが、内部はトラス組の小屋組などを用いた西洋の技術が取り入れられています。国の登録有形文化財や近代化産業遺産にも登録されている建物は、現在は倉敷アイビースクエアの一角で「倉紡記念館」として再生。倉敷紡績の史料を明治から年代順に紹介しています。

  1. 写真:「南配水樋門」の見事な石組み
歴女memo

もともとは2棟だった建物を、明治30年前後の工場増設の際に棟続きに増築され、現在のコの字型になりました。

詳しく見る イラスト:歴女

旧柚木家住宅(西爽亭)きゅうゆのきけじゅうたく さいそうてい)

備中松山藩主に仕え、庄屋でありながら奉行格を与えられた柚木家の邸宅。天明年間(1781~1789)築と伝わる建物は、御成門、座敷棟、茶室、庭園を配し、江戸中期に建てられた庄屋の遺構をよく残しています。建築上、特に優れているのが、御成門と座敷棟にある式台玄関。通りに面する御成門は、本瓦葺きの薬医門形式で、屋根の四隅には意匠の凝った鬼瓦が。式台玄関は幅が2間あり、入母屋の屋根で、凸型に緩やかに傾斜した「むくり」のある唐破風様の妻飾がついています。

  1. 写真:外観
  2. 写真:内観
歴女memo

西爽亭は、備中松山藩士の熊田恰(くまたあたか)が多数の部下の命を守るために自刃した場所。その結果、幕末の戦禍から玉島が救われたとして、現在も語り継がれています。

詳しく見る

倉敷市立磯崎眠亀記念館(くらしきしりつくらしきしりつ)

美しく緻密な模様を織り込んだ花莚(はなむしろ)「錦莞莚(きんかんえん)」を発明した、倉敷生まれの磯崎眠亀。1874(明治7)年に建築された住居兼作業場を、保存・改修し、記念館として再生させました。通り土間を持つ2列型の町家の平面をしていますが、機能・意匠の両面において建物の昇降用のスロープや土間の吹き抜けに滑車など、発明家らしい眠亀のアイデアが随所に見られます。2000(平成12)年に国の登録有形文化財になりました。

  1. 写真:外観
  2. 写真:錦莞莚
歴女memo

明治時代には日本を代表する輸出品にも数えられた、倉敷のイ草製品。その原動力となった人物が磯崎眠亀です。彼が発明した「錦莞莚」が世界に認められたのを皮切りに、倉敷の花筵は急成長を遂げたのです。

イラスト:歴女「イ草は岡山を代表する特産品ですの」 詳しく見る

見学後の立ち寄りスポット

写真:水辺のカフェ「三宅商店 酒津」の外観

築120年の米蔵をカフェにリノベート

夢空間(さろん)はしまや

1869(明治2)年創業の呉服店「はしまや」の敷地内に建つ米蔵をカフェにリノベート。岡山県で初めて国の有形文化財に登録された空間で、抹茶やコーヒーなどが味わえます。不定期でイベントやコンサートも開催。

住所 倉敷市東町1-20 TEL 086-422-2564
営業時間 10:00~17:00 定休日 火曜
HP ギャラリー&カフェ「夢空間はしまや」
写真:酒津公園

数寄屋造りの空間で手打ちうどんを

梅荘(ばいそう)

塩田王・野﨑家が明治初期に建てた旧別荘で楽しめるのは、100%国産の小麦と井戸水で作った手打ちうどん。昆布やイリコが香るだしも美味で、えび餅ぶっかけなどのメニューで味わえます。座敷に広がる庭園美もごちそう。

住所 倉敷市児島通生1200 TEL 086-473-0900
営業時間 11:00~OS14:00(麺がなくなり次第終了)
定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
Copyright © Kurashiki City All Rights Reserved.