倉敷 観る・遊ぶ

浮洲岩跡

歴史・旧跡

かつて藤戸海岸の海の底だった田園のなかをしばらく進むと、円形の凹地に「浮洲岩」の文字が刻まれた石碑があります。かつてここに巨石があって、海から浮き出ていたとされる岩のあった場所です。
その文字は、三代目岡山藩主・池田光政に仕えた高名な儒学者・熊沢蕃山の書と伝わり、京の都で天下人たちが愛でた浮州岩(藤戸岩)があった地を末永く語り継ぎたいとの思いが託されています。
その巨石は、今も京都の醍醐寺三宝院の庭に置かれています。

スポット情報
住所 倉敷市粒江
関連リンク 源平合戦特集 ~藤戸合戦~
おすすめのお店情報
古い町並みが残る美観地区入口にある御菓子店、「橘香堂」では、創業以来受け継がれた味へのこだわりを…続きを読む
バイストン美観地区店は、「倉敷帆布」をつくる織物会社の直営ショップです。古き良き天領の風情が残る…続きを読む
倉敷観光ブログ
   (6月24日撮影) 豪華寝台列車トワイライトエ…

 平成29年6月24日 午後2時3分に待ちに待った瑞風が、…

                          …

Copyright © Kurashiki City Co., Ltd. All Rights Reserved.