倉敷 観る・遊ぶ

安養寺

歴史・旧跡

南北朝時代の建武の兵乱により数十の伽藍は灰燼に帰しましたが、毘沙門堂だけが残りました。このとき残った木造毘沙門天立像や木造吉祥天立像などは、国指定重要文化財となっています。その他平安・鎌倉時代の毘沙門天約40体阿弥陀如来等を安置しています。裏山の経塚から出土した瓦経(213枚)や土製宝塔も国指定重要文化財です。

■ここで見られるお花
ツツジ・サツキ
花季:4月中旬~5月中旬
規模:約300本

あじさい
花季:6月中旬~7月中旬
規模:約2,000株

ツバキ
花季:11月~4月
規模:約1,800本

ヒトツバタゴ (別名 ナンジャモンジャ)
花季:5月初旬~5月中旬
規模:1本

★関連ブログ

スポット情報
住所 倉敷市浅原1573
電話番号 086-422-1110
開門時間 6:00~17:00
定休日 なし
駐車場 100台
関連リンク 安養寺 くらしき花MAP
木造毘沙門天立像(安養寺)
ホームページ 安養寺ホームページ
おすすめのお店情報
倉敷 食べる
フレンチ | 各国料理
美観地区内倉敷川沿いに気軽にフレンチがいただける店「スワン」。 シェフのこだわりは、近隣の農家か…続きを読む
倉敷 買う
ジーンズ・帆布・布製品
本物のmade in japan Shirt & Jeans 国産ジーンズ発祥の地”児島…続きを読む
倉敷観光ブログ
第18回  倉敷新鋭作家選抜美術展 が、2016年12月6日(火)より…

 秋深まる11月、美観地区の倉敷町家トラストに行きました…

 今から、約830年前、この藤戸周辺は海でした。この藤戸海…

Copyright © Kurashiki City Co., Ltd. All Rights Reserved.