倉敷 観る・遊ぶ

倉敷市立美術館

アート・美術館

美術館の建物は、日本を代表する建築家・丹下健三氏が1960年に倉敷市庁舎として設計したもので、1983年に美術館として再生しました。
丹下は、伝統と共存し新たに市民のよりどころとなるような建築を目指したといいます。鉄筋コンクリート造で、3階建てながら5階建て分の高さがあり、横に掛け渡された約20メートルの梁とそれを支える太い柱と厚い壁が雄大なスケールを誇っています。

美術館のコレクションは、倉敷市ゆかりの日本画家・池田遙邨(ようそん)の作品が充実。このほかに洋画家の坂田一男、斎藤真一、木工芸家の大野昭和斎らの郷土ゆかりの作家たちの作品を収蔵しており、コレクション展でテーマにそって展示替えをしながらご紹介しています。

スポット情報
住所 倉敷市中央2-6-1
電話番号 086-425-6034 ※記載事項その他詳しくはこちらへお問合せください
開館時間 9:00~17:15(入館締切16:45)
定休日 月曜日(祝日の場合翌日)、12/28~1/4
料金 大人210円、学生(大・高)100円 (中・小)50円
※特別展開催中は、内容により別途料金を設定しています。下記ホームページをご覧ください。

★障がい者割引あり
手帳をご提示いただくと心身障害者の方及び付添いの方1名様無料
ホームページ 倉敷市立美術館ホームページ
おすすめのお店情報
バイストン美観地区店は、「倉敷帆布」をつくる織物会社の直営ショップです。古き良き天領の風情が残る…続きを読む
倉敷 食べる
お茶・甘味処・スイーツ | スイーツ&パン
倉敷美観地区の古い町並みで、大豆ジェラートなど売っています。 「畑の肉」、「大地の黄金」とよば…続きを読む
倉敷観光ブログ
2017年10月13日 倉敷屏風祭の始まる10月14日の前日 倉敷物語館…

  9月23日(土)から、倉敷市立美術館で山本二三展が開催さ…

ツツジ山再生プロジェクトとは 【 昭和初期、中庄にある帯江銅…

Copyright © Kurashiki City Co., Ltd. All Rights Reserved.