• 特集TOP
  • 町家を観よう
  • 町家に泊まろう

倉敷 町家めぐり

倉敷町家の魅力

町家とは、商人や職人たちが暮らしていた住居のこと。
倉敷川を中心に広がる倉敷美観地区には、江戸幕府の直轄地「天領」の町として栄えた当時の面影を残す「町家」や物資を保管するための「土蔵」が数多く点在します。
特に印象的なのは、「白壁」や「なまこ目地瓦張(なまこ壁)」、倉敷独特の「倉敷窓」「倉敷格子」など、随所に施された美しい意匠。本通りはもちろん、細い路地奥でも表情豊かな町家に出会えます。
現在、多くの町家や蔵は資料館や飲食店に生まれ変わり、新たな役割を担っています。
観たり、食べたり、泊まったりと、楽しみ方もさまざま。町家で過ごす時間が、旅をもっと豊かなものにしてくれるでしょう。

倉敷町家の魅力

「倉敷窓」「倉敷格子」など、巧みな意匠が息づく倉敷の町家。江戸、明治、大正、昭和と、時代の移ろいとともにさまざまな建築様式の町家が倉敷には混在しています。

くわしく見る

数ある町家の中には、貴重な宿泊体験ができるスポットが点在。情緒あふれる空間で過ごすひと時は、ホテルとはまた違った時間を約束してくれます。

くわしく見る

  • 特集TOP
  • 町家を観よう
  • 町家に泊まろう

Copyright © Kurashiki City All Rights Reserved.